更年期でイライラしてしまう3つの原因と対策

更年期障害になった事に気が付きにくい

女性特有の病気の、更年期障害は、月経が終わる閉経の後に、卵巣のエストロゲンが減り、女性ホルモンのバランスが崩れて起こるあらゆる症状です。

 

その症状とは、人に寄って違いがありますが、神経質、イライラ、怒りっぽい、カッカと腹立てる、不安、鬱、意欲が無くなる、のぼせる、ほてる、発熱、発汗、むくみ、太る、ふらつく、めまい、だるさ、疲れる、肩こり、頭痛、腰痛、しびれ、冷え、耳鳴り、抜け毛、尿漏れなど、たくさんの症状が表れます。

 

これは人に寄って幾つあるか解りませんが、主にイライラするのは多くの人が体験するようです。これらの症状が起こっても、更年期障害になった事になかなか気がつきにくい事もあります。

 

それは閉経の前からこのような症状があった人には、また同様の症状が起こっているとしか感じないからでしょう。

 

更年期でイライラしてしまう3つの原因

 

更年期障害で、特に多くの人が、怒りやすくなったり、イライラしてしまうのは3つの原因があります。

 

1つは年齢が進むにつれ、大変な事柄や、嫌な事が多くなって来るとか、社会的な責任が増えたからとか、以前の様にスムーズに事が進まないなどの精神面から来る原因もあります。

 

そして2つめは、女性ホルモンのバランスが崩れることにより、脳への障害が起きて運動系の指示への偏りが出来るのです。

 

それで頭が痛くなったり、手足がしびれたりなど体に不備が起こるので、イライラしてしまうのです。

 

そして3つめは、今まで存在していたエストロゲンの減少により、体の内部に支障が起きて、血液や、循環器系からのイライラが起きて、カーッとのぼせたり発汗したり発熱も起きるのです。

 

更年期でイライラしてしまう3つの対策

 

更年期障害は病気です。だから更年期でイライラしてしまうのを放っておくのでは無く、対策をする事が必要です。1つ目の対策は、閉経で、更年期障害ではないだろうかと感じたなら、すぐに医師の診断を受けることが大切です。

 

病院へ行くと更年期障害が緩和される処方箋を受け取れますし、注射もしてくれます。そして、2つめは、生活習慣病を見直して、穏やかなゆったりした生活を送り、ストレスを貯めないことです。

 

そして3つめは、1番効果が高いといわれるのですが、日ごろから女性ホルモンのバランスが整う、成分を取り入れることです。

 

それは大豆イソフラボンの「エクオール」の成分を取り入れると効果があります。これは、女性ホルモンのエストロゲンが減った人には最適で、エクオールがはまり込む作用として代替えのような役割を果たすのです。

 

だからイライラも更年期障害も起こりにくくなるというのです。エクオールの成分は、大豆イソフラボンの中のダイゼインが腸内細菌の代謝でエクオールに変化する成分ですが、エクオールのサプリメントを飲んだりして更年期のイライラを無くしてしまえる方法が早くて効果的だと思われます。